<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ツイッターと被らないようにしようと心がけているのですが今日は被っちゃいました

youtubeにビートルズのアルバムが
フルでアップされてる。
多分、全アルバム。
今、青盤聴いてる。
Strawberry Fields Forever、やっぱりいい。
質感がいいのよね。
ざらざらした紙みたいな感じ。
チープなたとえしかできなくてorz。
(ってもうorzって死語だよね?)
ああ、I Am the Walrusもいいなあ。
エフェクトのかかり具合がたまらん。
あれってジョンが自分の声嫌いだから
できるだけエフェクトかけるようにしてたんだって。
魅力的な声だと思うけどなー。

とか呑気に書いてますが
本来ならCD買って聴くべきだ。
ツイッターでも書いたけれどこれって
違法行為だ。
反省しろ俺。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-28 17:07 | 雑感<日記>

書くのだ。

2日前にうpした「続きは、これから。」は
某文学賞に送ったものですが
見事に撃沈しました。
お蔵入りする寸前のをあげさせていただき
ありがたやー、ありがたやー。
古川日出男さんを意識して書いたものです。
書いた当時はなんてカッコいい小説になったんだ!
と思っていましたが、
今読んでみると全然ダメですね。
そら、落選するわね。
僕のばやい、入り込まないとイメージできないので
客観的になれないんですわ。
今書いてる小説も面白いなーと思って書いてるけれど
書き終わって冷却させてから読んだら
つまんないんだろうな。
伏線、ムリクリ張っちゃってるし。
ダメだわ、、、
いいや、いいや、そんなこと言ってちゃ始まらん。
書くのだ。
書くしかねえんだ。
できるだけ客観視して書く。
どんだけ客観視できるかわからんが。
欲しいぜ、客観性。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-27 20:26 | 雑感<日記>

covers

カバー曲は好きじゃない。
それは原曲にあまりにも入れ込んじゃうからだ。
だけれども、今日、大好きなZAZEN BOYSの
カバー曲に出会った。
いい、これが、実にいい。
当時17歳の女の子が歌ったKIMOCHIと自問自答。
声が沁みる。
ギターのアルペジオも沁みる。
17歳でこれだけ歌えて演奏できるって
なかなかいないぞ。
どこの誰なんだろう。
会ってみたい。
会って学校のことや将来の夢とか
好きな男の子の話とか聞きたい。
「ZAZEN BOYSいいよねー」って言い合いたい。
恋をしました。
あたくし、37歳、
妻子持ちですが。

そんな彼女の歌を
ぜひ聴いてみてね。
お時間許すようでしたら。



KIMOCHI/ZAZEN BOYS
http://www.youtube.com/watch?v=I2Np0zf2sb4

自問自答/ZAZEN BOYS
http://www.youtube.com/watch?v=kT3U4zCCIMw
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-26 17:21 | 雑感<日記>

【掌編小説】続きは、これから。

僕は「かわいい」を探して旅に出る。
キーワードは「僕」、「深夜」、
「町内」、「徘徊」、「猫」だ。
ひとつずつ説明していこう。
まずは「僕」。
小学四年生の少年が「僕」だ。
十歳、この小説の主人公。
名前はただの記号でしかないから、
この小説ではあえて「僕」に名前は付けない。
次は「深夜」。
時間帯もそんなに重要なことじゃない。
重要なのは「深い夜」ということだけ。
この町には、百八十八世帯の人びとが生活している。
そのほとんどが眠っている時間帯に僕は旅に出る。
あ、「町内」についての説明もしてしまった。
僕は地方都市の住宅街に暮らしている。
「徘徊」は旅を意味する。
僕は深夜に徘徊するのだ。
なぜかって?
そら、早速最後のキーワードだ。
「猫」。
「僕」は猫を探すために深夜の町内を徘徊する。

はい、キーワードの説明、これでおしまい。
だからここまでの約三百八十文字は
ただのイントロダクション。
話を元に戻そう。

深夜という世界は僕の地図には載っていない。
だからそれは旅だ。
旅に出るのはこれが初めてじゃなかった。
今夜で二回目。
初めての時と同じようにふと目が覚めて、
眠れずにいると不意に猫を探しに行きたい衝動に駆られた。
「夜中、猫は何をしているのか」が
気になって仕方がなくなったのだ。
でも両親と一緒に川の字に寝ているから
抜け出すのは容易じゃない。
シーツと布団の衣擦れの音にも気を遣って布団を抜け出す。
それでパジャマ姿のまま、暗い階段を下りて玄関へ。
長い間、靴棚の上に置かれたままの
懐中電灯を持って鍵を開けた。
その際のカシャッという音が
深夜の時間帯には大きく聞こえる。
僕はお母さんたちが起きて来やしないかと心配になる。

そうやって僕は家を抜け出した。
初回は猫を探すことができなかった。
たった十五分の旅だった。
怖かったわけではない。
僕はそんなに臆病じゃない。
おばけとか信じないタイプ。
初めての旅の時、十五分で諦めてしまったのは
大粒の雨が降ってきたからだ。
でも今晩は月が白く光って見える。
満月だ。
雲もない。
きれいな夜だと僕は思う。
僕は「みゃあ」と猫の鳴き真似をしながら、
歩き始める。
返事はない。
夜の町内は静かだった。
僕の視界に明かりのついている家は入ってこなかった。
僕は猫の鳴き真似を続ける。
すると意外に早く反応があった。
歩き出してから十分くらい経った頃だったろうか。
一軒家の玄関先に停められた車の下から鳴き声がする。
近寄って車の下を覗き込むように
懐中電灯を当てると猫の目がビカーと光っていた。
懐中電灯の光が奥の方まで届かないせいで、
何色の猫なのか暗くて僕には確認できない。

そうだ、「猫」のキーワードの説明が不十分だった。
こんな猫だ。
白と黒のミックスの日本猫。
野良歴二年。
猫との争い二百二十二連勝中で
この圏内の絶対的なボス。
怪訝に思わないで聞いてほしいのだが、
彼(猫はオスだ)は日本語が少ししゃべれる。
僕はそれを知らないから猫語で話しかけた。
「みゃあ、みゃあ(こんばんは、おなか空いてない?)」
と声をかける。
すると猫が言った。
「おこんばんは。腹は減ってないよ、少年」
「猫がしゃべった!」と僕は驚いた。
「そんなに驚くことないだろ。
人間と付き合いあるんだから、しゃべれても当然よぉ」
「何してるの?」と僕は訊く。
「夜のパトロールさ。お前こそ何してる?」
「僕は、猫を探しに来たんだ」
「おや、そいつは良かったな。
俺に会えたじゃねえか。
でも、それにしたってこんな遅くに
探しにくることはないんじゃねえかい」
「眠れなくてさ。そうしたら猫に会いたくなったんだ」
「坊主よぉ、枯れた大人みたいなこと言うな」
「きみは、なんか人馴れしてて、猫らしくないよね」と僕。
猫があまりにも馴れ馴れしいので、
僕の警戒心はすっかり消えていた。
それを察した猫が「生意気な奴」と笑う。
「坊主、俺たちに必要なのは、
猫らしさとか子どもらしさじゃなくて、
俺か、俺じゃねえか、だけだと思うんだ。
そこんとこ大事だから覚えとけよ」

芝居じみたセリフを吐きながら、
猫は車の下から這い出して、よそへ行こうとした。
そこに僕の懐中電灯の明かりが当たって
ようやく僕はその色や姿を確認できた。
白と黒の模様がパンダのように見えた。
「もう行っちゃうの?」
「猫に長話は禁物って言ってね。
こちとら、パトロールで忙しいんだ。んじゃあな」

のっそりとパンダ猫が歩き出す。
その姿は堂々としていて貫録を感じた。

さて、この小説の終わりも間近だ。
でも僕の「かわいい」を探す旅はまだ続く。
かわいい猫にまだ出会っていないから。
物語は始まったばかり。
キーワードは「尾行」「新たな出会い」「叱られる」。
続きは、きみが想像してくれ。〈了〉
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-25 16:01 | 掌編小説

まだ。これから。

新潮新人文学賞に送る小説、
半分でけた。
120枚。
規定枚数(250枚)内で収まるか微妙。
でも削れば削るほど文章は良くなるから
枚数は気にせず書こう。
推敲が勝負所だな。
まだまだこれから。
推敲に時間をかけたいから
できるだけ早く書きあげねば。
締め切りまであと約一ヶ月。
がんばるぞー。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-24 23:59 | 雑感<日記>

無名であること

ARTLESS NOTEというバンドが良い。
変則的なところが。
ニコニコ動画で偶然見つけたのだけれど
どうやらあまり陽の目を浴びていないバンドのようだ。
代表曲の「ドアー」という曲は
youtubeで200回くらいしか再生されていない。
なんてこったい。
少しでも多くの人に知ってほしいので
リンク貼っておきます。
お時間許す方はぜひ。

http://www.myspace.com/artlessnote

彼らを音楽業界関係者が見つけてくれますように。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-23 23:59 | 雑感<日記>

狙いすぎー

壇密って今さらだけど
良い名前だなあ。
エロい。
ご本人はお色気ありすぎて引きますが。
名前、本人が考えたんだろうか?
おっさんたちが会議で
あーでもないこーでもないと議論したのかな?
いずれにしろ、考えた人、天才。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-22 21:14 | 雑感<日記>

色褪せない

CoccoをYouTubeで聴く。
活動休止前の。
やっぱ良かった。
十年以上前の曲なのに
色褪せてない。
ステキな歌唄いさんだ。
活動再開後の音源は聴いたことないので、
TSUTAYAで借りてみようかな。
くるりも聴きたいし。

色褪せないで思い出したけど
今プロディジーの曲聴くと、ダサいね。
当時はカッコEと思って聴いてたのにな。
時代を感じました。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-21 21:08 | 雑感<日記>

書けた

昨日、今年はブログを毎日更新だと言った矢先でございます。
なんということでしょう、書くことがございません。
だから今日の行動を羅列してみる。

朝7時半起床、8時半に作業所到着。
時計の針がなかなか進まずやざもざやざもざする。
正午、任務終了。終わってみるとあら不思議、
時間があっという間に過ぎた感覚。
昼食はコーラと麩菓子。
2時前に通院。
待ち時間、ケータイで小説を書く。
でもなんか違うものが出来上がって来る。
全体に見られる文字数が少ないせいかな。
3時半頃(多分)家に戻り、
アーケード放送の台本を書く。
YouTubeを観たりしながら6時前に書き終わる。
〆切りは明後日なのでちょいと寝かすことにする。
6時半頃、妻と娘が帰ってくる。
奥さんが夕飯の支度をしてくれている間、
Eテレで武井壮のインタビューを観ながら
洗濯物を畳んだり、風呂を洗ったりする。
夕飯は豚肉と野菜のしゃぶしゃぶ風。
↑正確な料理名知らず
夕飯後、食器を洗う。くるりの東京を口ずさみながら。
その後はテレビを観たりしてて
なんやかんやで今風呂。
9時20分。
スマホぢゃ風呂持ち込めないだろ、
あと文字打ちも大変だろ。
というわけで、今時折り畳み式のケータイでも
かまへんやろと開き直る。
これからどうするかって?
12時まで小説書くつもり。
奥さんと娘が寝るのを待ってから。

あややー、なんだかんだで
長い文章になりましたね。
めでたしめでたし。
明日からもブログ、がんばる。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-20 21:25 | 雑感<日記>

偉いぞ、俺

なんかこんなブログだけど
ここんところ毎日更新してる。
今年に入ってから一度も休んでない。
てか裏技使って後日書くパターンもあるけどさ。
それでも偉いよね、俺。
誰かに向けて発信してるわけじゃないのがいいのかも。
こそっと毎日更新してるのが堪りませんね。
これからも注目されることなく
今の閲覧数くらいでキープしていきたい所存でございます。
せっかくだから2013年は毎日更新したい。
それを誰にも気付かれずにこっそりと達成したいな。
[PR]
by nkgwkng | 2013-02-19 21:14 | 雑感<日記>