俺か俺じゃねえかでただ命がけだった

中原昌也の短編集
「悲惨すぎる家なき子の死」を読了。
相変わらず投げやりだったり
唐突に物語が終わったりして
衝撃的だった。
やっぱ好きだわー。
間違いなく影響受けちゃいます。
これをパクリではなく
自分なりに消化して
オリジナルにしてみたい。
まだまだ精進が必要です。
[PR]
by nkgwkng | 2012-08-08 14:09 | 雑感<日記>
<< 【掌編小説】未夏ではない君へ 見つけてくれてありがとう。 >>