【掌編小説】猫になった私

家猫が私に何か言っている。
私には猫語がわからないので無視する。
しかし「にゃーにゃー」せからしか。
なので私も対抗して四つん這いになり、
「にゃー」を連呼する。
家猫は私の行動にビビり
本棚からジャンプして
箪笥の上に上ってしまった。
箪笥の高さは6尺ほど。
5尺8寸の私は背伸びしないと
家猫の様子を伺えない。
背伸びして様子を覗く。
するとごろにゃんと横になった家猫から
猫パンチが繰り出される。
私は額を何度も引っかかれて
頭を引っ込めた。

って何が面白くてこんな小説を書いているのだ。
クソだクソ。
誰も喜ばないし、誰も読みはしない。
実際のところ、ここ数日のアクセス数が減ってきている。
だからといって貴様らに迎合するような
文章を書くつもりはない。
読みたくないなら読まなくて結構。
さっさとここから立ち去れ。

……などと言うつもりはまったくありません。
どうかこんな僕の拙い文章を読んでみてください。
あなたが気に入る小説をいつか書きますから。
お願いです。
たまにはブログ、覗きに来てくださいね。
[PR]
by nkgwkng | 2012-08-31 18:28 | 掌編小説
<< 【掌編小説】貴様の勝手にしろ 【掌編小説】貴様、いい加減にしろ >>